矢作川学校事務局(豊田市矢作川研究所内) 
TEL (0565)34-6860 FAX (0565)34-6028

最近の投稿

アーカイブ

2024年05月16日
川魚の生態と捕まえ方

・魚の成長段階ごとの生息場所(卵、仔稚魚、成魚)
・生息場所から見る魚の種類(流れの速さと川底の粒径)
・ガサガサのやりかた(研究所作成Youtube動画)
・質疑応答
 Qなぜ種類によって生息環境が違うのか
 A生息環境に適応した結果、違う種類になった(進化した)と考えるといい
 Q魚の親と子どもが一緒にいることはないか
 A大小の魚が同所にいることはあるが、大半の魚は子育てをしない。
 Q遊泳力が高い魚はどうやって捕まえたらいいか
 A専門家は投網などの違う方法で捕まえる。たも網ならみんなで1列に並んで待ち構え、別の人たちが上流から追い込むといいと思う



 
 
ページのトップへ▲